<聴くこと>   

              

 聴くことは大きな力を与えること。
 

 聴くことは受け取ること。

 

   あなたはあなたの内なる声を聴いてあげてますか?

 

 身体の声に耳を傾けてあげていますか?

 

 あなたの大切な人の話はどうですか?

 

 まずは私にあなたの話を聴かせてください。

 

 そうしてあなた自身に
 あなたの本当の声を届けてあげてください。

 

                              本当に聴いてもらったとき

                              あなたがあなたの最大の応援者になります。

                        

 

                   人生を開く扉は観音開きと言われます。
                   本当に聴いて貰うと 心は自らを解放し開いていきます。
               

                

                                                「話す」ことは「放す」ことに通じ
                 「聴く」ことは「開く」に通じる。


               

                                                 私はまず聴くことを大切にして
                    ご相談者さん自らが人生を開いていくことを
                    サポートをさせていただいています。

                                              


                       私がカウンセリング・セラピーの世界に向かうには
                       2つのきっかけがありました。

               
                       1つは大学時代に病気をこじらせた経験から。

                
                       膵臓炎と診断され 入院し食事療法を続けましたが

                       症状はいっこうに良くならず

                       しだいに心のバランスまで崩し
                       危うく人生を棒に振りかけました。
           
                       おかげでたくさんのことを学ばせて貰いました。
                       でも私と同じような体験をする人が少なくてすむように
         最初にじっくり話しを聴いてくれる人がいたら
                       その想いがずっと心の奥にありました。


2つ目の大きなきっかけは長年にわたる
結婚生活の苦しさでした。

 

本を読んだり セミナーに出たり
自分の欠点をなくそうと 考え方を変えようと
様々な努力をしましたが 苦しさは消えません。

関係が改善したと思ってもまた振り出しに戻る繰り返し。
             

離婚したいのに離婚もできず 自立する機会を失っていくにつれ

自己肯定感もエネルギーもどんどん下がっていきました。
               

                          大学時代の病気のときは、意志の力で克服できたのに
                          自分の力ではどうにもならない無力感。
               

                          外では明るく元気にしていても
                          家の中では“悪い夢”を生きているようでした。
           
                        そんなに中で岡部明美さんの

                        カウンセリング・セラピーの世界に出会ったのです。
                          
 


                         そこは「こうあるべき」「こうすべき」がない世界。
               

                       ジャッジも批判も忠告もされることなく
                       ただ心に寄り添い 受容し聴いてもらう安心感に

                       何かが解きほぐされていく感じでした。

               

                       それこそ私がずっと欲しかったもの。
                       新しい人生航路を歩みだすための出発点でした。

 

 

 


                      

 安心・安全な世界では

 自分の闇に向かう勇気が湧いてきます。
               
 苦しみの根っこにあるものを
 時間をかけて探究していったとき
 私が必死で抜け出そうとしていた“悪い夢”は

 実は私の思い込みが創っていた幻想だったことに気づいたのです。

  
 思い込みが外れれば新しい世界が待っています。              
                   その奥には、この私の この人生だったからこそできる
                   ミッションが姿を現していました。
               
                     求めてやまなかった温かな家族や絆も
                     家族の枠を超えた形で周りに育っていました。
                    

 

 

 

 

                       今 私は自分の人生の主人公として
                   自分の生きたい世界の中で生きています。
                   自分の生きたい世界を創造し続けています。
               

                   もちろん今でも気持ちが揺れることはあります。
                     でも揺れたっていいじゃないですか。

                   肉体をもった人間なんですもの。
               

                   揺れてる自分を よしよしと受け容れてあげたら
                   自然に自分の中心軸へと戻っていきます。

                                         

 

 

あなたのいのちはどんな花を咲かせたがっているのでしょう?


Aprire(アプリーレ)とはイタリア語で「開く」を意味する言葉。

 

こころの扉、感性の扉、可能性の扉、幸せへの扉・・・

さあ あなたも扉を開いて前に進みませんか?

   

大切なあなたの人生が「開き」、いのちが展開していくことを
私は心を込めてサポートさせていただきます。